葉酸&ビタミンB群を効果的に摂取するための豆知識

葉酸&ビタミンB群を効果的に摂取するための豆知識記事一覧

その名前の由来通りの「色の濃い葉もの野菜に多く含まれます」葉酸はほうれん草などの葉もの野菜(色の濃いもの)に多く含まれます。果物や豆類などにもある程度含まれますが、たくさん摂取したいなら緑黄色野菜を食べるのが一番の近道といえるでしょう。特に多量に摂取できる葉物野菜食物繊維も豊富なので便秘解消にも効果的!ほうれん草貝割菜モロヘイヤ小松菜春菊パセリ茎野菜、大豆や海産類大豆等で植物性たんぱく質も同時に摂...

葉酸は水に溶けやすく、熱にも弱いので、茹でたりすると半分以下に減ってしまいます。材料で摂取計算して「これで400μg摂れた!」と思っても実際には半分もとれてない...なんてことになるので”食事では十分量はとれない”といわれています。だから、妊娠したら緑黄色野菜は普段の2倍以上を意識して食べることをおススメします。色々と工夫をして、葉酸を摂取するようにしましょう!あまり野菜が好きでもない私は、心配に...

妊娠期・授乳期には様々ななビタミン・ミネラルをより多く摂ることが厚労省でも推奨されています。ビタミンB12推奨量:2.4μg→妊娠中:+0.4μgビタミンB12は葉酸と共に赤血球を作るために 働くので血液を作る大切な材料です。ビタミンB6推奨量:1.1mg→妊娠中:+0.8mg妊婦さんがビタミンB6の欠乏に陥ると、つわりが悪化したり、妊娠中毒症を起こす可能性が高く なります。鉄分推奨量:6.0~6...

葉酸は妊娠計画中の女性から妊娠中、赤ちゃん出産後の授乳期まで必要となる時期によって様々な効果があります。妊娠計画中〜先天性異常の リスク軽減のために先天異常の多くは妊娠直後から妊娠10週以前に発生しており、特に中枢神経系は妊娠 7週未満に発生することが知られている。このため、多くの妊婦が妊娠して又は妊娠の疑いを持って産婦人科の外来に訪れてからの対応では遅いと考えられることから、多くの研究報告と ...

妊婦さんの悩みの一つにニキビが良くできてしまうということがあります。「大人ニキビ」は若いころのニキビと異なり、治りにくく繰り返す性質があり、特に妊娠中はホルモンバランスの崩れから中々根治に時間がかかると言われます。また肌も敏感になっており、「肌の乾燥」も大きな要因の一つに挙げられます。「肌の乾燥」はスキンケアで対処できますが、「ホルモンバランスの乱れ」はストレスやつわりによる偏食、睡眠不足、運動不...

「妊活に男性って関係あるの!?」「”葉酸”ってなに?」なんて声が聞こえてきそうですが、妊活中の男性にとって葉酸はとても大切な効果があるのです。精子の染色体異常を軽減 アメリカのカリフォルニア大学バークレー校のDr.ブレンダ エスケナージ(Brenda Eskenazi)が、 Human Reproduction(ヒューマン・リプロダクション)誌の電子版に 「葉酸による精子の染色体異常に与える影響」...

「うっ」とトイレに駆け込み「もしや妊娠!?」ドラマでよく見かける光景だが、つわりはこれだけではない。おおまかに症状を見ていくと、何か口にしていないと気持ち悪い”食べづわり”特定のものしか食べれない”偏食づわり”、ごはんの炊きあがりの匂い等普段は全く気にならない匂いで嘔吐してしまう”においづわり”その他にもゲップや唾が出たりとその症状は無限大にあるといってもよく、期間や度合いも十人十色です。つわりは...

葉酸は水溶性質から”水に溶けやすく””熱に弱い”という食品からでは非常に摂取しにくいビタミンであることが研究でわかっています。日本人の約15〜20%の人はそれでいてより摂取しにくい体質の人が多いと言われています。(吸収しやすい人より神経管閉鎖障害や脳梗塞などの発症リスクが高いとされています。 )葉酸が不足するとどうなるの?タンパク質代謝の異常が発生し、おおよそ4ヶ月の寿命とされる赤血球の代謝が円滑...

妊娠した時に、やはり一番心配になるのが「お腹の赤ちゃんの健康」でしょう。特に高齢出産では赤ちゃんに染色体異常が現れる確率がグンっと上がります。これは加齢に伴って卵子のクオリティーの低下が原因と言われています。実は卵子細胞は女性が胎児のころから卵巣内にできていて、ともに年齢を重ねているのです。染色体異常の中でも、頻度が高いダウン症候群は35歳ではおよそ300人〜400人に1人、40歳ではおよそ100...

一般的には妊娠4〜5ヶ月に差し掛かるぐらいに、急激な体重変化でお腹周りが急に多きくなって、乾燥して痒みが増すという方も多いのですが、これは妊娠線の前兆でもあるといえます。一概には言えないですが...ここでしっかりと肌を保湿するのが大切で、辛いつわりの時期を乗り越えた安堵感から食欲が増して一気に体重が増加するのも大きな要因です。出来たら一生消えない妊娠線...人によっては捉え方もポジティブで、「これ...

妊娠中や産後に訪れる悩ましい症状が酷いほどの抜け毛・薄毛という女性が非常に増えています。昨今、男性の薄毛に比べて比較的に軽く見られていた薄毛の悩みは女性の方に多いというデータもあるほどです。まずは妊娠中や産後に訪れる抜け毛の症状のケアを怠るとダメです。妊娠中や産後は女性ホルモンのバランスの乱れや授乳による栄養分の欠如によって引き起こされるのが原因です。抜け毛の予防には頭皮環境を整える必要がある若年...

妊娠による体調変化で多くのママが経験する悩みのひとつが、つわりです。つわりの影響で思うように食事が食べられず、赤ちゃんの栄養が不足してしまうのではと悩むプレママからの相談に、看護師さんたちはどのように答えているでしょうか。妊娠15週になります。そろそろ落ち着いてもよいはずなのに、つわりが酷くて困っています。吐き気がいっこうに無くなりません。食べると戻してしまうので、赤ちゃんの成長が心配です。今のと...