妊娠時に必要なビタミン・ミネラルとは?

妊娠時に必要なビタミン・ミネラルとは?

葉酸,効果,妊娠

妊娠期・授乳期には様々ななビタミン・ミネラルをより多く摂ることが厚労省でも推奨されています。

 

ビタミンB12

 

推奨量:2.4μg→妊娠中:+0.4μg

 

ビタミンB12は葉酸と共に赤血球を作るために 働くので血液を作る大切な材料です。

 

ビタミンB6

 

推奨量:1.1mg→妊娠中:+0.8mg

 

妊婦さんがビタミンB6の欠乏に陥ると、つわりが悪化したり、妊娠中毒症を起こす可能性が高く なります。

 

鉄分

 

推奨量:6.0~6.5mg→妊娠初期:+2.5mg→中期後期:+15.0 mg

 

鉄分は血液をつくる材料です。妊娠すると赤ちゃんの 発育のため、多くの鉄分が必要となります。妊婦さん の3-4割が貧血に悩むといわれています。

 

カルシウム

 

推奨量:650mg→妊娠中:同じ

 

妊娠中のカルシウムは赤ちゃんの骨を作るためにも使わ れる重要なミネラルです。一般女性の摂取量は368 〜407mg程度のため250mgほど不足しています。

 

ここで注意が必要なのが、栄養素なら何でも良かれと思って大量に摂取してしまいがちですがそうではないことを知りましょう!

 

葉酸,効果,妊娠

 

ビタミンA

 

推奨量:670μgRE  葉酸,効果,妊娠 過剰 摂取:3000μgRE
 
ビタミンAは、脂溶性ビタミンのため、体外に排出されず蓄積されます。
 
ビタミンAの過剰摂取は主に動物性由来のビタミンA(レチノール)が問題となります。
 
植物性由来のβ-カロテンは体外へ排出されるため問題ない。 妊娠中にビタミンAを摂取しすぎた場合、 お腹の赤ちゃんが奇形に繋がる可能性があり、十分に配慮する必要があります。

関連ページ

葉酸を沢山含む食材は!?
先天性異常のリスク軽減や赤ちゃんやお母さんの体の健康に欠かせない栄養素「葉酸」の効果を実際に自身の妊娠・出産で感じた体験をもとに詳細にお教えします。
食事で葉酸を効果的に摂取するコツとは?
先天性異常のリスク軽減や赤ちゃんやお母さんの体の健康に欠かせない栄養素「葉酸」の効果を実際に自身の妊娠・出産で感じた体験をもとに詳細にお教えします。
葉酸を摂取する必要がある時期は妊娠初期だけ?
先天性異常のリスク軽減や赤ちゃんやお母さんの体の健康に欠かせない栄養素「葉酸」の効果を実際に自身の妊娠・出産で感じた体験をもとに詳細にお教えします。
葉酸ってニキビにも効果があるの!?
先天性異常のリスク軽減や赤ちゃんやお母さんの体の健康に欠かせない栄養素「葉酸」の効果を実際に自身の妊娠・出産で感じた体験をもとに詳細にお教えします。
葉酸は妊活中の男性パートナーも効果的に摂取しよう!
先天性異常のリスク軽減や赤ちゃんやお母さんの体の健康に欠かせない栄養素「葉酸」の効果を実際に自身の妊娠・出産で感じた体験をもとに詳細にお教えします。
葉酸を摂取するとつわりのつらさが軽減する!?
先天性異常のリスク軽減や赤ちゃんやお母さんの体の健康に欠かせない栄養素「葉酸」の効果を実際に自身の妊娠・出産で感じた体験をもとに詳細にお教えします。
妊娠中に葉酸が欠乏すると赤ちゃんにどんな影響がある!?
先天性異常のリスク軽減や赤ちゃんやお母さんの体の健康に欠かせない栄養素「葉酸」の効果を実際に自身の妊娠・出産で感じた体験をもとに詳細にお教えします。
葉酸は高齢出産の先天的な染色体異常を軽減してくれる優れ栄養素
先天性異常のリスク軽減や赤ちゃんやお母さんの体の健康に欠かせない栄養素「葉酸」の効果を実際に自身の妊娠・出産で感じた体験をもとに詳細にお教えします。
出来たら一生消えない!妊娠線予防にも葉酸が効果的
先天性異常のリスク軽減や赤ちゃんやお母さんの体の健康に欠かせない栄養素「葉酸」。実は妊婦の悩みの一つ妊娠線にも効果があります。
妊娠中の抜け毛が酷い...育毛剤にも葉酸の効果があるものがいいの?
先天性異常のリスク軽減や赤ちゃんやお母さんの体の健康に欠かせない栄養素「葉酸」ですが、妊娠や産後の抜け毛予防にも効果があるの?
つわりが辛い!葉酸入りのグリーンスムージーで食事もサポート!
つわりが辛い!葉酸入りのグリーンスムージーで食事もサポート!先天性異常のリスク軽減や赤ちゃんやお母さんの体の健康に欠かせない栄養素「葉酸」とそれらを取り巻くビタミンB群を効果的に摂取できる豆知識集です。